面倒なシロアリ駆除や危険性の高いスズメバチの駆除は業者にお任せ

駆除の歴史

木の板の壁

現代ではハクビシンは害獣に区分されハクビシン駆除サービスと名の付く物は害獣駆除サービスの中の一つとなっています。 ハクビシン駆除自体はそんなに長い歴史を持っておらず、民間人が勝手に駆除する事は法律上禁止されています。もちろん、専門の業者が担当すると言う前提となっており、ホームセンターなどに商品の陳列も見当たりません。近付けない様にする取り組みもありますが、少し前から被害がある様になり、主に主食としている農作物などが荒らされています。 今の時代では、駆除の対象にはなっていませんが、理由としては生息数が不明なためとなっています。もちろん、二度と来る事のない様に後始末もきちんと業者が担当する様になっています。

ハクビシン駆除はこれからも素人に任せずに業者が担当する事と予想されます。危険な生物と言う理由ではなく、駆除が禁止されている事もあり業者に連絡をする事を前提として宣伝されて行くと判断されます。もしも、先の時代に生息数が判明したとしても、禁止されている物が変わる時間までには多少掛かるので、暫くはこのままの状態が維持される事が予想されます。 未来にハクビシン駆除についての法律に変化があれば専門としている業者が積極的に市民に呼び掛ける事が予想されて、場合によっては駆除のサービス化が更に進むのではないかと予測されます。もちろん、その様な場合には駆除を専用とした音波装置や二度と被害がない様にするサービスも展開されると予想されます。